お店の悪臭に困っていませんか?お任せください!!
グリストラップと水質汚濁防止
レストランやホテル、食堂、給食センターなどのすべての業務用厨房から排出される汚水は、直接公共の下水に排水するのではなく、浄化槽で浄化してから排出することが地方条例で義務付けられています。この浄化槽は、廃食油(グリス)をせき止める(トラップ)ことからグリストラップ(グリーストラップ)と呼ばれています。

しかし、このグリストラップは廃食油を一旦せき止めるだけで、そのまま放置しておくと油脂分やスラリー(汚泥)がたまり、悪臭・配管詰まりの原因となります。

グリストラップ清掃について
回 数 少なくとも月1〜2回定期的に清掃する必要があります。東京都の指導要綱では、週1回以上するとなっています。
排水管の詰りの主因は厨房排水中の油脂分のグリース濃度の高さにあります。油脂分を分離・除去する為の阻集器がグリストラップです
問題点 グリストラップの清掃を怠ると油脂類が洗剤と給湯排水により溶解し、排水管内を流下しながら冷却されて、スライムとして固着してしまいます。さらに排水中に含まれる夾雑物とともに蓄積されて管経が狭められていまい、終には閉塞してしまいます。
点 検 清掃作業時に内部の仕切板やスクリーンなどに腐食がないか、損傷箇所の点検を行います。
清 掃 野菜くずや魚片、壁面やスクリーンに付着した油脂分をケレン、タワシなどで取り除きます。必要に応じ薬品洗浄を行い、内部や排水管入口周辺を清掃します。

清掃前

清掃後

吸引したグリス(廃食油)はケンコーシャが責任をもって処理します。
産廃許可 熊本県 第4301043542号
熊本県 第8111043542号

事業案内TOPへ戻る

フリーダイヤル:0120-308-365(さわやか365日)